上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インプラント手術を受けた高齢の女性が死亡したのは、インプラントドリルが骨を突き抜けてすすんで、血管を巻き込んでしまったからなのですが、普通、医師や歯科医師が患者の健康のために一生懸命やった仕事の結果がよかろうと悪かろうと、警察に罪を問われることはない。

もし、手術の結果が悪い場合に、医師や歯科医師が警察に捕まる国家があったとしたらとんでもないことですね。

その国の優秀な医師、歯科医師は、まともな国に亡命するでしょう。

では、なぜ、日本では2007年に起こった患者のインプラント死亡事故について、2011年に、今頃になって歯科医師が連行されたのか?死亡した女性の遺族は、相手の歯科医師、医療機関を民事訴訟で訴え、裁判は進んでいた矢先に刑事事件となった異例の経過です。

もう一度言います。

医師や歯科医師が患者の健康のために一生懸命やった仕事の結果がよかろうと悪かろうと、警察に罪を問われることはないはずです。でないと、瀕死の患者を診る医者はいなくなるでしょう。

重症の歯周病の歯を診る歯医者はいなくなるでしょう。

少なくともこの日本では・・・


なんか、日本が大変なことになっているような気がします。

インプラント死亡事故の詳しくい情報は、こちらのサイトに書かれています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。