上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福島第1原発がメルトダウンしたと発表されました。

そんな中、茨城漁連が東電に4億円賠償請求したそうです。

茨城県内の11漁協でつくる茨城沿海地区漁業協同組合連合会(茨城漁連)は、東京電力福島第1原発の事故で3月末までに約4億2500万円の損害を受けたとして東電に請求したというのです

福島第1原発の事故に絡んで漁業団体が東電に賠償請求するのは全国で初めての珍事です。

儲かった時に、安全対策に使ってねと東京電力に4億円を出したわけでもなく、休業補償の保険料を払ったわけでもないのに、金を払えとは、情けない限りです。

日本は、資本主義です。儲かれば自分のもの、損をしても自己責任。


茨城沿海地区漁業協同組合連合会(茨城漁連)は、今までさんざん海の恩恵を受けてきました。

海のない群馬県、埼玉県などの人は、「魚が捕れないから金を払え」とは言いません。

今まで魚が捕れたことに感謝すべきなのに、捕れなくなった時期があると人に文句を言うのは、海の恩恵の感謝を忘れていますね。

資本主義は、自己責任です。

震災後に儲かった業種もあります。
建築業、東北の中古車業界、発電機も売れています。

自由経済、自己責任の資本主義です。

儲かっても、損をしても自分のものです。

損をした時だけ文句を言うのは、恥ずかしい団体です。

儲かる業種に転職する自由までは奪われていないし、本当に生活できないなら、日本には生活保護という制度があります。

抜け駆けして甘い汁を吸おうという団体はがいることは、ちょっと恥ずかしいことです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震 - ジャンル : ニュース

コメント

奥羽歯科大学歯学部

困っているのは、茨城県の漁師は、だけじゃない!???!自分たちだけ何百億円ももらって!!!!何も言いたくない、、、、

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。