上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
震災後に さいたま市の歯科医師の友人から電話がありました。

計画停電が、歯科業界にも与える影響は大きく、実際にさいたま市のある歯科医院の稼働率は半分を下回るそうです。

彼が言うには、すでにぎりぎりで運営していた周辺の歯科医院の中には閉院の準備をしているところもあるそうです。

歯科業界は、失策による歯科医師過剰問題に加え、先行き不安の震災不況、今回の計画停電によりますます悪くなっています。

歯科医院で働きたくても人を雇えない経営状態です。若い女性の地元の就職先としての役目を担っていた歯科医院ですが、今後就職希望者が就職できないばかりか、現在現役の歯科医院スタッフの解雇が相次ぎ、歯科業界の再就職は、当分難しくなるでしょう。

そんな状況で、放射能が怖いから家から出たくないと、歯科医院を辞めて、失業保険をもらおうという人が出てきました。震災と放射能の不安で、正常な判断をできない人が出てきているのです。

そんな中、頑張る歯医者さんにいった方は、頑張っているスタッフに一言こけてあげて下さいね。
スポンサーサイト

テーマ : 医療業界 - ジャンル : 就職・お仕事

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。